ver.2サポートサイト

HOME機能サイト管理共通設定reCAPTCHA設定

reCAPTCHA設定

概要

Googleが提供するreCAPTCHAをフォームブロックに組み込むことができます。

reCAPTCHAは、スパムやbotなどによる悪質なアクセスからWebサイトを保護するための仕組みです。

機能仕様

使用可能なreCAPTCHAタイプは「reCAPTCHA v2」の⾮表示とチェックボックスの2種類です。

予めGoogleのreCAPTCHAページにサイトURLを登録しサイトキー、シークレットキーを取得する必要があります。

reCAPTCHA設定(Google側)

1.Google reCAPTCHAページ

Google reCAPTCHAページにアクセスし、右上の「Admin console」をクリックします。

2.サイトの登録

・reCAPTCHAタイプの項目は「」を選択します。

・ドメインはSPIRAL ver.2のreCAPTCHA設定ページに表示されている、SPIRALv2操作画⾯ドメイン、テスト環境ドメイン、本番環境ドメインの3ドメインを設定してください。

3.サイトキー、シークレットキーの取得

上記の登録が終わると、サイトキーとシークレットキーが表示されますので控えておいてください。

reCAPTCHA設定(サイト管理)

1.reCAPTCHA設定画面

サイト管理の左メニュー「共通設定>reCAPTCHA」から設定します。

2.reCAPTCHA設定モーダル

reCAPTCHA設定ボタンをクリックするとreCAPTCHA設定モーダルが開きます。

GoogleのreCAPTCHAページから取得したサイトキーとシークレットキーを入力します。

設定が完了すると、reCAPTCHA設定画面の下に追加されます。

reCAPTCHAのフォーム設定(サイト管理>フォームブロック)

上で設定したreCAPTCHAをフォームブロックに組み込みます。

1.フォームブロック設定モーダル

フォームブロック編集モーダルから「登録フォーム」をクリックします。

ソース設定の場合は、左上の+ボタンから「reCAPTCHA」を選択するとreCAPTCHA用のタグが挿入されます。

※フォームブロック設定画面内(プレビュー等)ではreCAPTCHAの動作確認はできませんのでご了承ください。

ビジュアル設定の場合はパーツ下の+ボタンから追加できます。

2.フォームでの表示

フォームにreCAPTCHAバッヂが表示されます。

↑チェックボックスの場合

 

↑非表示の場合