ver.2サポートサイト

HOME機能アプリ管理DB正規表現によるレコード入力制限

正規表現によるレコード入力制限

概要

DBのフィールド設定に、正規表現を設定することで、より高度な入力制限を行うことができます。
正規表現の文字列にマッチするデータのみDBに登録でき、マッチしないデータを登録するとエラーとなります。

正規表現の設定ができるフィールドはテキストフィールドメールアドレスフィールドの2種類のみになります。

SPIRAL ver.2で使用できる正規表現は、Javaで使用している正規表現と同じものになります。

 

UI

1.フィールド一覧

正規表現を設定したいフィールドをクリックします。

2.フィールド詳細画面

赤枠の箇所が正規表現の設定箇所になります。

3.正規表現入力

アイコンをクリックすると正規表現入力フィールドが表示されます。

 

正規表現設定例

こちらをコピーしてお使いください。

英数記号のみ

^[\x20-\x7F]*$

 

数字のみ

^\d*$

 

アルファベットのみ

^[a-zA-Z]*$

 

ひらがなのみ

^[ぁ-ん]*$

 

カタカナのみ

^[ァ-ヴ]*$

 

改行を含む文字列

.*\n.*

 

ハイフン区切りの数字(3桁-4桁)

^\d{3}-\d{4}$

 

「hoge_」という文字列に続く5桁の数字

^hoge_\d{5}$

 

日本語(漢字、ひらがな、全角カタカナ)と伸ばし棒のみ

^[ぁ-んァ-ヶー\u3005-\u3006\u30e0-\u9fcf]*$

もしくは

^[ー\u30a0-\u30ff\u3040-\u309f\u3005-\u3006\u30e0-\u9fcf]*$

 

半角英数字、半角ハイフン、半角スペース、全角スペース、改行のみ

^[0-9a-zA-Z-\s \n]*$