ver.2サポートサイト

HOME機能アプリ利用レコードレコード一括登録更新

レコード一括登録更新

機能概要

レコードの一括登録更新は、ファイル上のデータをSPIRAL ver.2のDBに対し、レコードに存在しないデータの一括登録と、存在するレコードの更新を同時に実現できる機能です。

なお、大量データの一括処理を実現する為、依頼と登録更新処理を分けて、非同期でレコードを一括登録更新します。

依頼から登録完了までの流れ




機能仕様

登録可能なファイル

フォーマット ・テキスト
・csv、tsv
容量 容量の上限はこちらをご参照ください
文字コード UTF-8
(Excel等各種アプリ上での文字コード指定方法は当ページ下部を参照してください)
ヘッダ 必須(先頭行に識別名指定)
※ヘッダファイルは操作画面の依頼画面から取得可能
データフォーマット

セレクト型のフィールドは登録更新する値をIDまたはラベル値から選択することができます

ラベル値にした場合のヘッダには|labelが追加されセレクト型フィールド名|labelとなります

更新キー

指定した更新キーを元にして既存レコードの更新と登録を行います。
メールアドレス型もしくはテキスト型で⼊⼒必須かつ重複不可のフィールド、またはレコードIDが指定可能です

※ウィルスが含まれるファイルは登録できません。
※ファイルの記述方法については当ページ下部を参照してください。

エラー処理方式

一括登録処理中に登録データにエラーがあった場合の挙動を指定します。

ロールバック

 処理開始前の状態にロールバックします。
 なお、登録処理をキャンセルした場合も同様にロールバックします。

処理ステータス

ステータス 説明
待機中 処理の開始待ち
(アカウント内で依頼が多い場合やファイルサイズが大きい場合に待機状態となります)
登録中 一括登録の処理中
キャンセル中 処理のキャンセル中
(操作画面にこのステータスは表示されません)
完了 登録が完了した処理
エラー 登録に失敗した処理
中止 キャンセルした処理

一括登録の処理数制限

同一DB内制限 排他(1データベースにつき1件のみ)
アカウント内制限

並列可(1アカウント内の上限はこちらをご参照ください)

依頼時チェック

一括登録依頼時に以下をチェックします。

登録処理中チェック

一括登録処理中に以下をチェックします。

UI:ファイルからレコードを一括登録更新する

1.レコード一覧

左上の歯車アイコンから一括登録更新を選択します。

2.一括登録更新依頼画面

登録対象のファイルにヘッダを付与し、ファイルを指定し、登録更新依頼します。

更新キーを指定します。

3.一括登録更新画面(待機中)

4.一括登録画面(一括登録完了)

一括登録処理が完了するとモーダルに一括登録結果が表示されます。

ファイルフォーマット

一括登録で使用するファイルの記述方法は、csvファイルの一般的書式であるRFC4180に準拠したフォーマットになります。
また、tsvファイルに関しても区切り文字がタブとなるだけで、その他はRFC4180に準拠します。
(記述例はcsvでの例を記載していますが、tsvの場合は区切り文字のカンマをタブに替えてください。)

フィールド(項目)区切りとレコード(行)

ダブルコーテーション

ファイル上の記載 DB上の値
例1 "希望日は8/14,17,20です。" 希望日は8/14,17,20です。
例2 "希望日は以下です。
・8/14
・8/17
・8/20"
希望日は以下です。
・8/14
・8/17
・8/20
例3 "私たちは""快適""と""安心""を提供します。" 私たちは"快適"と"安心"を提供します。

ホワイトスペース(半角スペース、タブ)についての注意点

値全体を括るダブルコーテーションの前後にホワイトスペースがある場合、ファイル記載の内容とは異なる以下の挙動となります。
不要なホワイトスペースはファイルに含めないようご注意ください。
値の1文字目がダブルコーテーション以外の場合、1文字目から次の区切り文字までが値となります。

位置 挙動 ファイル上の記載 DB上の値
値を括る目的の
ダブルコーテーションは機能せず、
値の一部とみなされます。
その為、ダブルコーテーション内に
区切り文字と同一文字がある場合は、
区切り文字と解釈され、
項目数エラーとなります。
(空白)"valueA",valueB (空白)"valueA"|valueB
※valueAに区切り文字と同一文字がある場合は、登録エラー
ホワイトスペースは無視されます。 "valueA"(空白),valueB valueA|valueB
前後 値を括る目的の
ダブルコーテーションは機能せず、
値の一部とみなされます。
その為、ダブルコーテーション内に
区切り文字と同一文字がある場合は、
区切り文字と解釈され、
項目数エラーとなります。
(空白)"valueA"(空白),valueB (空白)"valueA"(空白)|valueB
※valueAに区切り文字と同一文字がある場合は、登録エラー

フィールド毎のフォーマット注意点

マルチセレクトフィールド

例(フィールドタイプ) ファイル上の値 DB上の値
セレクト 1 お問い合わせ
マルチセレクト "1|3" お問い合わせ,その他

日付型フィールド

年、月、日の区切りは半角ハイフン"-"を使用してください。

ファイル上の記載 DB上の値 備考
例1 2020-05-29 2020-05-29  
例2 2020-5-29 2020-05-29 0の省略可
例3 2020年5月29日   登録不可能

電話番号フィールド

+国番号 市外番号-市内番号-加入者番号のフォーマットで使用してください。

DBの入力制限で許可国コード未指定の場合、デフォルト値の「+81」が付与されます。

ファイル上の記載 操作画面上の表示 DB上の値 備考
+81 80-1111-3333 +81 80-1111-3333 +818011113333  

参照フィールド

参照フィールドへの登録は、参照先レコードの情報を指定します。

登録フォーマットの詳細はフィールドタイプリファレンスをご確認ください。

 

UTF-8ファイルの作成方法

表計算ソフトでの文字コード変更

▽エクセル

「名前を付けて保存」から「CSV UTF-8(コンマ区切り)」を選んでください。

※お使いのエクセルのバージョンによって「CSV UTF-8(コンマ区切り)」が選択できない場合があります。
 その場合は一度各種テキストエディタでファイルを開いて頂き、UTF-8で保存してください。

▽Libreoffice

ファイルを保存時に「フィルター設定を編集する」チェックを入れてください。


その後表示される画面の文字エンコーディングで「Unicode(UTF-8)」を選んでください。


テキストファイルでの文字コード変更

▽メモ帳(win10)

名前を付けて保存のウインドウで文字コードが選択できます。


※その他文字コードが変更可能なテキストエディタ