ver.2サポートサイト

HOME機能サイト管理サイトテスト環境/本番環境とリリース

テスト環境/本番環境とリリース

機能概要

サイト機能には安全にページやフォーム管理を運用する為にテスト環境があります。

既存コンテンツの編集などにおいて、テスト環境で作成や修正、テストを経て、本番環境へリリースすることで稼働中のコンテンツに直接手を加えることなく、安心してサイトを運用できます。

機能仕様

テスト環境

・ページの閲覧にはSPIRAL ver.2のユーザログインが必要です。インターネットユーザはアクセスできません。
・ページ閲覧後、60分間操作が無い場合、ページが表示されなくなります。
 また、60分間経過する前に、操作画面からログアウトした場合もページは表示されなくなります。
・テスト環境のURLはテスト環境用のサブドメインとなります。

本番環境

・インターネットユーザが閲覧可能なパブリックな状態です。

・テスト環境上のコンテンツはリリース作業によって本番環境へ適用できます。

・ページの公開・非公開を切り替えることができます。本番リリース後にコンテンツに問題があり、緊急対応したい場合などにご利用ください。

・本番環境上のページ、ブロック、共通ソースの変更はできません。テスト環境で修正し、本番環境にリリースしてください。

リリース

・テスト環境で編集したページ、ブロック、共通ソースを本番環境にリリースします。

・リリースする対象(ページやブロックなど)は、リリース時に個別選択が可能な為、作成中のコンテンツなどはリリースから除くことができます。

UI:リリース

1.サイトトップ

テスト環境の状態を本番環境に適用する為に、リリースします。

2. リリース

サイト管理の左メニューの「リリース」または、上記サイトトップの「リリース」からリリース対象画面に移動します。

リリース対象のページ、ブロック、認証エリア、共通ソースが表示されます。

※テスト環境と本番環境とで差分のあるものは「追加」「変更」「削除」のアイコンが表示されます。

 

3. リリース確認

対象を選択してリリースする場合、リリース内容と注意事項を確認ください。

※ 全てリリースする場合は、本モーダルは表示されません。

 

リリース最終確認の注意事項をご確認いただき、リリースボタンをクリックすると本番環境へリリースされます。

4.リリース完了

適用する対象が多い場合、リリースに時間を要する場合があります。

5.リリース履歴

本番環境へリリースした一覧が表示されます。