ver.2サポートサイト

HOME機能サイト管理ページページ機能

ページ機能

機能概要

サイト内に公開するページの作成と設定を行います。ページ毎にURLが作成可能です。

ページのコンテンツ編集/作成方法には「ビジュアル設定」「ソース設定」の2種類があります。

ビジュアル設定

ページにブロックを配置してページを作成します。

ブロック外のhtmlは編集できません。

ソース設定

ページのhtmlを直接編集できます。

ブロックはSPIRAL ver.2の独自タグで挿入されます。

作成済みページのビジュアル/ソースの設定変更方法は基本設定をご参照ください

新規作成の場合、作成時のモーダルで選択できます。

機能仕様

・ビジュアル設定になっているページをソース設定に変更することは可能ですが、一度ソース設定にしたページをビジュアル設定に変更することはできません。

・フォーム部分は別途作成したフォームブロックとして追加できます。

・ページのソース設定の場合、フォームブロックはSPIRAL ver.2の独自タグとして編集画面に挿入されますが、

 実際のhtmlページではこのタグはフォームのhtmlに変換されてから表示されます。

・親ページを指定するとURLが親ページ配下になります。例:https://example.com/<親ページ識別名>/<識別名>

ページ一覧

左メニューからページ一覧へ移動できます。

ページ一覧ではページ作成、テスト環境と本番環境の一覧切替やページの削除が行えます。

ページ識別名横のアイコンをクリックすると別タブでページが開きます。

親子ページ

各ページは親子関係をつくることができます。子ページのURLは親ページのURL(識別名)以下になります。

例:https://example.com/<親ページ識別名>/<識別名>

 

親子関係のページはページ一覧で以下のように表示されます。

また、各ページはドラッグで親子ページにすることができます。

ページ詳細

プレビュー

プレビューを使用することでページ上のデザインを確認することができます。

ブロック設定(ビジュアル設定の場合)

ブロックの作成、編集、削除、順序変更をマウス操作で設定することができます。

body(ソース設定の場合)

ページのHTML編集やブロックの追加ができます。

ブロック追加

ブロック設定タブの「+」ボタンからフォームブロックが追加できます。

新規フォーム追加の場合、フォーム表示名やアプリ、DBを選択します。

 

フォームブロック上で使用するフィールドを設定します。

使用するフィールドを右、除外したいフィールドは左に移動してください。

 

フォームブロック上で使用するフィールドを確認、問題なければ作成ボタンをクリックします。

※セレクトフィールドの場合、入力フィールドのHTMLデザインを「ラジオボタン」もしくは「プルダウン」かを指定できます。

 

作成済みの既存フォームを追加する場合、プルダウンからフォームを選択します。

 

 

ページの設定方法をソース設定にしている場合、追加したフォームブロックはSPIRAL ver.2の独自タグで挿入されます。

 

head

ページ設定で指定したheadは当該ページのみに適応されます。

共通ソースのhead」に指定した内容と競合する場合、ページ側が優先されます。

CSS

ページ設定で指定したCSSは当該ページのみに適応されます。

共通ソースのCSS」に指定した内容と競合する場合、ページ側が優先されます。

JavaScript

ページ設定で指定したJavaScriptは当該ページのみに適応されます。

共通ソースのJavaScript」に指定した内容と競合する場合、ページ側が優先されます。

セキュリティ

ページのセキュリティ設定をご参照ください。

基本設定

表示名、識別名の変更、公開/非公開の切り替え、ページの削除が可能です。