ver.2サポートサイト

HOME機能サイト管理ブロックパラメータ付与

パラメータ付与

機能概要

Googleアナリティクスなどのアクセス解析ツールやMAツールのパラメータなどをリンク先URLに付与することで、

フォームブロック上にリンクを設置する際にパラメータを付与させたり、フォームブロックを配置するページURLの末尾に

指定したクエリパラメータの値をフォームから指定のフィールドに自動登録することができます。

機能仕様

・URL末尾に「?」を付与、?以降のパラメータを記入してください。

1つのURL内に「?」を2つ以上使用できないため、複数のパラメータを付与する場合は「&」でつなぎます。

※サイト内ページリンクの場合、URL末尾の「?」は自動で付与されます。

 記述例:https://(アカウント識別名)-(サイト識別名).spiral-site.com/form?name01=xxxxx&name02=yyyyy

 

・ThymeleafはWHATWGのドキュメントに沿ってエスケープ/アンエスケープ処理を行っています。
WHATWGのドキュメントではセミコロン(;)なしの実体参照も定義しており、

パラメータの記述によっては、文字列を実体参照とみなし、HTMLの特殊文字に変換される場合がございます。

サイト内ページリンクやth:hrefth:titleth:text といったTHの属性にパラメータを設定する場合、

パラメータの記述方法がWHATWGのドキュメントに記載の実体参照と衝突する時には、&を&に書き換えてください。

例)パラメータに&paramterを記載した場合、&paramterの先頭5文字が実体参照とみなされ、特殊文字に変換されるため、

parameter01=xxxxx&parameter02=yyyyyと記述する。

 

・ブラウザ「Internet Explorer11」の場合、URLパラメータにマルチバイト文字を指定すると文字化けしてしまうため、別途エンコード対応を行う必要があります。

 

・ページURL末尾に付与されたクエリパラメータの値を自動登録する対象フォームブロックは、ver.2.18(2021年11月時点)では登録フォームブロックのみとなります。

 

・パラメータキーでは以下の制限を設けています。

1) 英数字以外の文字は指定不可。

2) サービスで使用しているキー情報は使用不可。

 ・レコードアイテムブロックで使われている record

 ・クリックログインで使われている cl

 ・パスワード再登録フォームブロックで使われている rp

 ・認証APIで使われている tid

ページリンクへのパラメータ設定

1.リンク先設定

ブロック一覧から適用させたいフォームブロックを選択、ブロック表示名をクリックします。

ソース設定の場合

ビジュアル設定の場合

2.パラメータ入力

ページリンク追加のモーダルが開きますのでパラメータ付与欄に記載してください。

サイト内ページ

 

外部ページ

外部ページの場合はURL欄にパラメータ込みのURLを記載してください。

 

フォームブロックへのパラメータ設定

フォームブロックを配置するページURL末尾に指定したパラメータ値を引き継いで、該当フィールドにフォームからDBへ自動登録する「引用(任意値)」を設定できます。

詳細は自動登録のURLパラメータ値引用を参照ください。

※1 パラメータ値にマルチバイト文字が使用される場合、ブラウザ仕様で値がエンコードされるが、自動登録やThymeleafにおいては、デコードされた値として格納します。

※2 URLのリクエストヘッダーは8192byteまで制限されており、制限を超えた場合はページがエラー(414 Request-URI Too Large)になります。

※3 クエリパラメータキーは32文字まで指定可能です。

※4 パラメータ値を格納するフィールドタイプのフォーマットに反する場合、フォームブロックのエラーステップのページが表示されます。

※5 同一キー情報が複数指定している場合、先頭のキー情報のみ参照、先頭のキー情報に紐づくパラメータ値のみ引き継いでフォームからDBへ自動登録いたします。

 

ビジュアル設定

フォームブロックの自動登録の値タイプ「引用(任意値)」にクエリパラメータキーを設定することで、該当フィールドにフォームからDBへ自動登録することができます。

詳細は自動登録のURLパラメータ値引用を参照ください。

 

ソース設定

Thymeleafでキー情報を指定することで、ページURL末尾に付与されたパラメータの値をhidden値のvalueとして引き継いでフォームからDBへ自動登録することができます。

登録フォームブロックの入力ステップ画面で、以下のタグを設定します。

 <sp:input-field name="f01"></sp:input-field>
 <input type="hidden" name="変数名" th:value="${getParams['キー情報']}">

※上記sp:input-fieldタグ内のname=""内に指定する値は、パラメータの値を格納するフィールドのname属性を指定してください。

フィールドのname属性は、登録フォームブロック>入力ステップ>フィールド一覧から確認することができます。

※上記inputタグ内のth:value内のgetParams['キー情報']に指定するキー情報は、URL末尾に付与するパラメータキーとなるキーを設定します。