ver.2サポートサイト

HOME機能サイト管理ブロックレコードアイテムブロック

レコードアイテムブロック

レコードアイテムブロックは、サイト上のページに、セミナーやニュースといったDB上の1レコードの詳細情報を公開できるブロックです。

※ レコードアイテムブロックを作成するには、予めDBを作成する必要があります。

※ レコードアイテムブロックをサイト上で表示する為には、予めサイトやページを作成する必要があります。詳しくは、サイト機能の全体像の操作画面の項目をご参照ください。

※ 作成したレコードアイテムブロックはページに設置することで、機能します。

※ レコードリストブロック作成時にレコードアイテムブロックも同時に作成することも可能です。

機能仕様

レコードアイテム

レコードアイテムブロックのhtmlを直接編集することができます。

詳しくはレコードアイテムをご参照ください。

CSS/JS

レコードアイテムブロック上に適用するCSSやJavaScriptを直接編集することができます。

詳しくはCSS/JSをご参照ください。

レコードアイテムブロックの作成

ブロック一覧

サイト管理の左メニューからテスト環境>ブロックをクリックします。

ブロック一覧のプルダウンから「レコードアイテム」を選択します。

 

「レコードアイテム」選択後、レコードアイテムブロックを作成する際、「+」ボタンをクリックします。

 

レコードアイテムブロック追加モーダル

レコードアイテムブロックの追加モーダルが表示されますので、必要事項を記入、選択します。

※注意※

・パスワードフィールドはレコードアイテムブロックで使用することができません。

レコードアイテム設定

1.プレビュー

プレビューを見ながら、「レコードアイテム」タブからカスタマイズしていきます。

 

2.レコードアイテム(ソース設定)

「レコードアイテム」タブからHTMLを編集します。

3.フィールドパーツ追加

レコードアイテムにフィールドを追加したい場合に、左上の+ボタンをクリックすると、フィールドパーツ追加モーダルが表示されます。

 

フィールドパーツ追加モーダルが表示されます。「+」ボタンをクリック、追加するフィールドを選択します。

 

フィールド選択後、「追加」ボタンをクリック、フィールドを挿入します。

 

▽参照先DB内に含まれるフィールドのフィールドパーツ追加

レコードアイテム上に参照フィールドの参照先DB内に含まれるフィールドを追加することができます。

※1 レコード公開範囲で設定済みのDBを参照している参照フィールドのみ選択可能です。

      参照先レコード値は参照先DBのレコード公開範囲の設定内容が適用されます。

※2 参照先DB内に含まれるフィールドの重複指定は不可となります。

※3 参照先DBのレコード公開範囲の設定によって、参照フィールドの参照先レコードが非公開の場合は、参照先レコードのフィールド値はnull表示になります。

※4 参照先レコードのフィールド値がnullの場合は、「値なし」と表示されます。

※5 参照先DBのレコード公開範囲が未指定の場合、フィールドパーツ追加モーダルに参照先フィールドが表示されません。

※6 追加可能なフィールドタイプは、参照フィールドの参照レコード数の設定によって異なります。

1レコード参照

参照先DBのファイル、パスワード、参照先DB内で使用する参照フィールドを除くフィールド全般、レコードID、作成日時、最終更新日時

複数レコード参照

参照先DBのテキストエリア、マルチセレクト、ファイル、パスワード、参照先DB内で使用する参照フィールドを除くフィールド全般、レコードID、作成日時、最終更新日時

 

4.サイト内ページリンク追加

「+」ボタンをクリック、サイト内ページリンクをクリック、「新規ページ」を選択します。

 

リンク先のページを追加します。

ページ表示名、ページ識別名を設定します。

 

▽リンク先ページを非認証ページとして追加する場合

リンク先ページを非認証ページとして追加する場合、ページ内ブロック作成で同時に作成できるブロックはレコードアイテムブロックのみとなります。

 

ページ内ブロックを作成する場合、ブロック表示名、レコードアイテムに紐づくDBを設定します。

 

レコードアイテム上で使用するフィールド選択します。

 

▽リンク先ページを認証ページとして追加する場合

リンク先ページが認証ページの場合、ページ内ブロック作成で同時に作成できるブロックは、

更新フォームブロック、削除フォームブロック、レコードアイテムブロックのいずれかを選択することができます。

 

ページ内ブロック作成の際、更新フォームブロック、削除フォームブロックを追加する場合、ブロックタイプ、ブロック表示名、ブロックに紐づくDBを設定します。

選択できるDBは、レコードアイテムに紐づくDBとレコードアイテムDBに含まれる参照フィールドの参照先DBが選択可能です。

 

更新フォームブロック、レコードアイテムブロックの場合、使用するフィールドを選択します。

(更新フォームブロックの場合)

(レコードアイテムブロックの場合)

 

更新フォームブロックの場合、確認モーダルが表示されますので、問題なければ「作成」ボタンをクリック、リンク先新規ページを追加します。

 

ページ内ブロック作成、もしくは、リンク先の新規ページ作成後、サイト内ページのプルダウン上に作成したページが選択されます。

 

ページ選択後、引用レコードおよびページ内リンクURLに付与するパラメータの設定を行います。

引用レコード/パラメータ付与の設定

引用レコード アイテムレコード

レコードアイテム上のレコード値をリンク先ページに引き継ぐ際に指定します。

参照先レコード

レコードアイテム上の参照フィールドの値を引き継ぐ際、参照先レコードを選択、引継ぎ対象の参照フィールドを選択します。

レコード公開範囲を設定しているDBを参照している参照フィールドのみ選択可能です。

パラメータ付与

ページ内リンクURLに任意のパラメータを付与することができます。記述方法はパラメータ付与をご参照ください。

設定内容を確認、問題なければ、「反映」ボタンをクリックします。

 

レコードアイテム上にリンクが挿入されます。

 

データフィールド

データフィールド一覧からレコードアイテムブロックで使用するフィールドの一覧が表示されます。

 

各フィールドをクリックすることで個別のフィールド設定モーダルが開きます。

 

個別フィールド設定

ラベル レコードアイテムブロック上に表示されるタイトルが編集できます

項目ラベル

(セレクト/マルチセレクト

フィールドのみ)

項目ラベル:DBで設定したラベルの表示を変更したいときに使用します

使用例:表示ラベルを英語に変更

※変更したラベルはレコードアイテムブロック上での表示のみ適応されます。

CSS/JS

CSS

設定したCSSはレコードアイテムブロックがあるページに適用されます。

設定したCSSは「共通ソースCSS/JavaScript」「ページのCSS/JavaScript」より後に読み込まれます。

詳細はこちらをご確認ください。

 

JS

設定したJavaScriptはレコードアイテムブロックがあるページに適用されます。

設定したJavaScriptは「共通ソースCSS/JavaScript」「ページのCSS/JavaScript」より後に読み込まれます。

詳細はこちらをご確認ください。

 

参考情報

ファイルダウンロードURLの独自ドメイン対応

レコードアイテム上にファイルフィールドを使用する場合、レコードアイテム表示の際、

ファイルフィールドに添付されているファイルをダウンロードできるURLが生成され、そのURL内の一部に、サイトドメイン名が含まれます。

独自ドメインオプションを使用している場合、独自ドメイン名のページにアクセスした際、ファイルフィールドのダウンロードURL内の

本番環境のサイトドメイン(spiral-site.com)が独自ドメイン名に自動で差し変わります。

制限事項

レコードアイテムブロックの使用できるフィールド数など上限が設定されています。

詳細については各種上限値をご参照ください。