ver.2サポートサイト

HOME機能サイト管理サイトサイト機能の全体像

サイト機能の全体像

機能概要

SPIRAL ver.2上のサイト管理機能では、CMSのようにページを扱い、アプリに含まれるデータベースに登録させるフォームなどを設置できます。

構造(サイト>ページ>ブロック)

サイトはサイト>ページ>ブロックの3層で構成されます。

また、サイト内に追加した認証エリア(閲覧に認証が必要になる領域)内においても
認証エリア>認証ページ>ブロックの3層で構成しています。

 

ブロックのないページのみも作成できます。

 

1.サイト

アカウントでサイトを管理します。

サイトを作成するとドメインが発行され、ページを公開できるようになります。

ページを作るには最初にサイトの作成が必要です。

※作成可能なサイト数はこちらをご参照ください。

2.ページ

サイト上に複数のページを設置します。

ブロックを含めないページも作成できます。

3.ブロック

ページ上にフォームなどのブロックを設置します。

※将来的に、データベース情報を表示する一覧表ブロックなども提供予定

4.認証エリア

IDとパスワードでログイン認証が必要なエリアです。
認証エリア内にページを設置することで会員限定ページ等を作成することができます。

本番環境とテスト環境

サイト管理ではテスト環境で作成、編集、テストし、本番環境へリリースすることでページなどのコンテンツを公開します。

テスト環境/本番環境とリリースの詳細はこちらを参照ください。

操作画面(サイト作成~本番環境リリースまでの流れ)

サイトを作成し、フォームを含むページの公開までの流れを説明します。

1.サイト作成

2.ページ作成(テスト環境)

3.ブロック作成(テスト環境)

4.テスト(テスト環境)

5.本番環境リリースにて公開

1.サイト作成

右上の歯車アイコンから「サイト管理」をクリック

+ボタンをクリックでサイト作成モーダルが開きます。

サイト情報を入力し、サイトを作成します。名称は後から変更可能です。

2.ページ作成

詳しくはページ機能をご参照ください。

3.フォームブロックの作成

詳しくはフォームブロックをご参照ください。

4.テスト環境/本番環境、リリース

SPIRAL ver.2で作成したページはリリースをすることで一般公開されます。

詳しくはテスト環境/本番環境とリリースをご参照ください。

 

認証エリアの作成

詳しくは認証エリアをご参照ください。

サイトの管理グループ

管理グループから、ページを管理するグループの追加や、権限の設定ができます。

管理権限について詳しくはこちらをご参照ください。

グループに関してはこちらをご参照ください。

 

サイトのドメインについて

サイトのサブドメインは以下のルールに基づいて作成されます。

 

(アカウント識別名)-(サイト識別名).spiral-site.com

例: pipedhd-corporate.spiral-site.com

独自ドメインもご利用いただけます。詳しくは独自ドメイン対応をご参照ください。