ver.2サポートサイト

HOME機能アプリ管理DB参照フィールド(データ連携)

参照フィールド(データ連携)

機能概要

参照フィールドとは、同一アプリ内にある別のDBのレコードをマスタとして参照して、レコード同士をデータ連携させることができるフィールドタイプです。

例えば、会社内の部署を1つのDBで管理し、社員DBから部署DBを参照することで、部署の変更/修正等があった際に社員DB側を編集せずに管理することができます。

また、登録フォームブロックの使用フィールドに参照フィールドを追加することで、フォームからレコード登録時に自動でデータ連携させたり、完了ステップで参照先DBのフィールドの値を表示させること等ができます。
詳しくはサイトの参照フィールドをご参照ください。

機能仕様

・参照先に指定できるのは同一アプリ内の別DBのみとなります。

・参照先に指定したDBのレコードをラベルとして表示するフィールドは、入力必須かつユニークのテキストフィールド、メールアドレスフィールド、またはレコードIDのみとなります。

・設定済みの参照フィールドの参照レコード数を変更することはできません。

・その他詳細仕様については、フィールドタイプリファレンスをご確認ください。

参照フィールドの設定(アプリ管理>DB>フィールド設定)

1.アプリ管理画面

同一アプリ内に参照元DB(社員DB)と参照先DB(部署マスタDB)を作成します。

既に存在するDB同士を連携したい場合は不要です。

 

(DB一覧)

 

(社員DB詳細)

 

(部署マスタDB詳細)

2.フィールド追加画面

参照元DB(社員DB)に「参照フィールド」を追加します。

3.参照元DBでの見え方(フィールド一覧タブ)

追加した参照フィールドは以下のように参照先のDB名が表示されます。

4.参照先DBでの見え方(参照元タブ)

参照先DBの「参照元DB」のタブに参照元DBとの連携情報が追加されます。

連携先のマスタ情報を関連付けして、レコード登録する(アプリ利用>レコード登録)

1.アプリ利用>レコード一覧

アプリ利用画面に移動し、レコード追加ボタンをクリックします。

 

レコード追加モーダル

参照先レコードでは参照設定時に指定したラベルフィールドとレコードIDで検索できます。

「レコード詳細検索」をクリックすると詳細モーダルが表示され参照先レコードの情報が詳しく表示されます。

参照先レコード選択モーダル

レコード詳細検索をクリックすると参照先フィールドの詳細が表示されます。

2.レコード一覧画面

所属部署欄に参照先レコードの情報が表示されます。

3.レコード一括処理

アプリ利用画面においてレコード一括登録などのファイル一括処理で、参照フィールドに対して一括処理を行うことができます。

詳細については、フィールドタイプリファレンスをご確認ください。

参照フィールドのメールアドレスにメール送信する(アプリ利用>一斉メール配信)

1.アプリ利用>レコード一覧>メール配信タブ

アプリ利用画面から「メール配信」タブをクリックします。

 

 

メール配信一覧画面が表示されます。タブ下の「+」ボタンをクリックしてください。

2.レコード一覧>メール配信タブ

メール配信設定の宛先フィールドのプルダウン内で参照先DBにメールアドレスフィールドがある対象を選択できます。

詳細は一斉メール配信をご確認ください。