ver.2サポートサイト

HOME機能サイト管理ブロック更新フォームブロック/削除フォームブロック

更新フォームブロック/削除フォームブロック

機能概要

DB内の特定のレコードを更新/削除するためのフォームブロックです

認証エリアで認証した自分のレコードや、レコードリストブロックやレコードアイテムブロックで表示したDBのレコードを更新/削除することができます。

 

※ 更新/削除フォームブロックを作成するには、予め認証エリアを作成する必要があります。

※ 認証エリアの詳細については認証エリアをご参照ください。

※ レコードリストブロックやレコードアイテムブロックと組み合わせる場合、更新/削除対象DBのレコード公開範囲を設定する必要があります。

※ 更新/削除フォームブロックをサイト上で表示する為には、予めサイトやページを作成する必要があります。詳しくは、サイト機能の全体像の操作画面の項目をご参照ください。

※ 作成した更新/削除フォームブロックは認証エリア下のページに設置することで、機能します。

※ 認証エリア内のページ作成時/編集時に更新/削除フォームブロックを作成することも可能です。

機能仕様

更新/削除フォームブロックは、以下のようなケースで使用が可能です。

 例1 - 会員が認証エリアで認証した自分の情報を更新や会員退会手続きを行う(認証DBの自レコード更新や削除)

 例2 - 管理者としてセミナー事務局担当者がセミナー情報の更新や削除を行う(他DBのレコード更新や削除)

基本設定

設置認証エリア

更新/削除フォームブロックを設置する認証エリアです。

アプリ

更新/削除対象のDBが含まれるアプリです。

更新/削除対象のDBです。

認証レコード

認証レコードを更新/削除対象とします。

認証エリアの認証DBと更新/削除対象DBが同一の場合に選択可能です。

クエリパラメータ

指定レコード 

レコードリストブロックやレコードアイテムブロックからの遷移時に付与されるクエリパラメータで指定されるレコードを更新/削除対象とします。

更新/削除対象DBのレコード公開範囲設定が必要です。
レコード公開範囲内のレコードが更新/削除可能となります。

 

更新/削除フォームブロック

更新/削除フォームブロックのhtmlを直接編集することができます。

詳しくは更新/削除フォームブロック作成をご参照ください。

CSS/JS

更新/削除フォームブロック上に適用するCSSやJavaScriptを直接編集することができます。

詳しくはCSS/JSをご参照ください。

共通設定

各フィールドで表示されるラベルや入力内容に不備があった場合に表示されるエラーメッセージを設定することができます。

詳しくは共通設定をご参照ください。

使用できないフィールドタイプについて

更新フォームでは、以下のフィールドタイプは使用することができません。

・参照フィールド

・日時フィールド

UI:更新/削除フォームブロック作成

ブロック一覧

サイト管理画面から更新フォームブロック、削除フォームブロックを作成します。

更新フォームブロックを作成する場合、サイト管理の左メニューからテスト環境>ブロックをクリック、ブロック一覧のプルダウンから「更新フォーム」を選択します。
削除フォームブロックを作成する場合は、ブロック一覧のプルダウンから「削除フォーム」を選択します。

 

 

選択後、「+」ボタンをクリックします。

ブロック作成モーダル

フォームブロックの追加モーダルが表示されますので、必要事項を記入します。
削除フォームブロックの場合、「作成」ボタンをクリックすることで、削除フォームブロックが自動生成されます。

更新フォームブロックの場合、使用するフィールドの設定画面が表示されますので、
追加したいフィールドは右、除外したいフィールドを左に移動してください。

 

フィールド設定に問題が無ければ作成ボタンをクリックします。

 

更新/削除フォームブロック設定

プレビュー

プレビューを見ながら、「更新フォーム」タブからカスタマイズしていきます。

 

削除フォームの場合は送信ボタンの上部に削除確認のチェックボックスが追加されます。

更新/削除フォーム(ソース設定のみ)

「更新フォーム」タブもしくは「削除フォーム」タブからHTMLを編集します。

フィールドパーツ追加

フォームにフィールドを追加したい場合、左上の+ボタンの「フィールド」または「引用値表示パーツ」から追加できます。

 

・フィールド

登録された値を表示・更新するためのパーツを追加します。

更新フォームブロックのみ使用できます。

「フィールド」をクリックすると、フィールドパーツ追加モーダルが表示されます。

追加したいフィールドは右、除外したいフィールドを左に移動してください。

入力欄にDBに登録された値を表示する場合は「デフォルト値」に「引用値」を選択し、追加ボタンをクリックします。

 

・引用値表示パーツ

DB内に登録された値をフォーム上で表示するためのフィールドパーツを追加します。
「引用値表示パーツ」をクリックすると、引用値表示パーツ追加モーダルが表示されます。

 

引用元では「認証レコード引用」と「クエリパラメータ引用」のいずれかを選択、フィールドからは引用DB内のフィールドを選択し追加ボタンをクリックします。

引用元の設定

引用元 認証レコード引用

フォームの更新/削除対象レコードが認証レコードの場合選択できます。フォーム上に認証DB内のレコード値を引用表示します。

クエリパラメータ引用

フォームの更新/削除対象レコードがクエリパラメータ指定レコードの場合選択できます。フォーム上に更新/削除対象DB内のレコード値を引用表示します。

複数ステップ設定

フォームの入力ページなどを複数ステップに分けることができます。
更新フォームブロックのみ、複数ステップ設定のみ使用できます。
※削除フォームブロックは、複数ステップ設定を使用することはできません。

詳しくは複数ステップ設定をご参照ください。

メールアクション

フォームから更新や削除を行った後、サンキューメールや通知メールを送信することができます。

詳しくはメールアクションをご参照ください。

完了

入力/確認ステップページと同様にHTMLタグで完了ページの作成ができます。

また、左メニューの歯車アイコンから完了時の動作を設定できます。HTMLだけではなく別ページへのリダイレクト設定も可能です。

詳しくは完了ページ設定をご参照ください。

エラー

入力/確認ステップページと同様にHTMLタグでエラーページの作成ができます。

CSS/JS

CSS

設定したCSSは更新/削除フォームブロックのCSSに適用されます。

設定したCSSは「共通ソースCSS/JavaScript」「ページのCSS/JavaScript」より後に読み込まれます。

詳細はこちらをご確認ください。

JS

設定したJavaScriptは更新/削除フォームブロックのJavaScriptに適用されます。

設定したJavaScriptは「共通ソースCSS/JavaScript」「ページのCSS/JavaScript」より後に読み込まれます。

詳細はこちらをご確認ください。

共通設定

各フィールドで表示されるラベルや入力内容に不備があった場合に表示されるエラーメッセージを登録、変更できます。

また、デフォルトメッセージ設定の設定内容を適用することができます。