ver.2サポートサイト

HOME機能アプリ管理アプリスケジュールトリガ

スケジュールトリガ

概要

スケジュールトリガは、アクションを実行するスケジュール(毎時、毎日、毎週○曜日、毎月○日など)を設定する機能です。

以下のアクションを提供しています。

・DBの複数のレコードにメールを送信する「メール配信(複数レコード)」

・特定のメールアドレスにメールを送信する「メール配信(アプリ固定)」

・PHPプログラムを実行する「PHP実行

スケジュールトリガとアクションを組み合わせることで、誕生日メールやイベントのリマインドやフォローメールを自動送信できたり、定期的にDB内からデータを抽出して、外部サービスへ連携することができます。

アクションの作成方法は以下をご覧ください。

スケジュールトリガのメールアクション

スケジュールトリガのPHP実行アクション

機能仕様

実行タイミング設定 指定できるパラメータ
毎時

00分、15分、30分、45分

毎日

時刻

※時刻指定は最大20設定まで指定可能です。

毎週 ○曜日+時刻
毎月

○日+時刻

※日指定で月末を選ぶと自動で末日の0:00に実行します。

毎年 ○月○日+時刻
指定日

年月日指定(300件まで)+時刻

※年月日はYYYY/MM/DDフォーマット指定になります。

※ 時刻指定は5分刻み

※ 実行タイミングは指定したタイムゾーンで実行されます

UI:スケジュールトリガ作成

1.アプリ管理画面

アプリ管理画面左メニューから「スケジュールトリガ」をクリック

タイトル横の+ボタンからスケジュールトリガを作成します。

2.スケジュールトリガ新規作成モーダル

実行タイミングについての詳細は当ページ上部の機能仕様をご参照ください。

タイムゾーンについて詳しくはこちら

UI:アクション追加

作成したスケジュールトリガのタイトルをクリックします。

下記画面に切り替わりますので+ボタンから実行するアクションを追加します。

4.アクション追加モーダル

アクション追加モーダルが開きます。新規作成か既存のアクションを選択か選んでください。

※アクションがゼロの場合は下記のモーダルはスキップされアクション作成のモーダルが開きます。

 アクション作成方法はスケジュールトリガのメールアクション または スケジュールトリガのPHP実行アクション をご参照ください。

UI:トリガ履歴

1.トリガ履歴タブ

「トリガ履歴」タブから設定したスケジュールトリガの実行履歴がご確認いただけます。

 

2.トリガ履歴詳細モーダル

実行日時をクリックすると履歴の詳細が表示されます。

アクションジョブIDからアクション履歴を確認できます。

UI:アクション履歴

1.アクション詳細画面

アクション詳細画面右上の「アクション履歴」から設定したアクションの実行履歴を確認できます。

 

2.アクション履歴一覧

アクションタイプがメール配信の場合、アクションジョブIDから配信ログを確認できます。

配信ログに関しては詳しくはこちらをご参照ください。

※アクション設定に不備等があり、スケジュールトリガ実行時にエラーとなった場合、ステータスが「停止中」になります。

 以後のスケジュールトリガでのアクションは起動しません。

 スケジュールトリガを再度有効にするには、設定を編集しエラーを解消のうえで、ステータスを有効に変更してください。

タイムゾーン指定について

タイムゾーンを指定することで、指定したタイムゾーンの時間で実行することができます。

例えばタイムゾーンを シドニー時間の(UTC+11:00) Australian Eastern Time - Sydney、配信タイミングを午後1時で設定した場合、シドニー時間の午後1時、日本時間だと午前11時に実行されます。

例:ベトナムにいるユーザ(ユーザ設定でベトナム時間であるUTC+07:00を設定している)が、日本の顧客向けアプリで日本のユーザ宛に誕生日メールを設定する場合

誕生日メールなどで、日付が変わった0時にメール配信をしたい場合、

タイムゾーンを指定せずベトナム時間のまま設定すると、ベトナム時間の0時=日本時間の午前2時に配信されることになってしまいます。

特定のタイムゾーンにいるユーザにメール配信等をしたい場合にはタイムゾーンを指定することで、設定ミスによる誤配信を予め防ぐことができます。