ver.2サポートサイト

HOME機能サイト管理サイト認証エリア

認証エリア

機能概要

認証エリアとは、ID/パスワードを用いてログインする会員専用サイトや、メール本文中にある専用リンクをクリックしてそのユーザ専用のアンケートフォームへ遷移させるなどの会員専用ページを設定することができる機能です。

仕様

認証タイプ

ID+パスワード

各ユーザごとにIDとパスワードを用いて認証しログインさせる一般的な認証方法です。
IDには、入力必須かつユニークのテキストフィールドやメールアドレスのみ指定可能です。

クリックログイン

有効期限のある認証パラメータ付きのURLをクリックするだけでログインできる機能です。

メール本文中にあるURLをクリック、ログインさせる場合やパスワードを必要としないメールマガジン会員サイトなどに使用します

認証エリア

セッション有効期限

ログイン後に無動作の場合、指定した期限になると、セッションが無効となり再度ログインが必要になります

有効期限の初期値は「30分」です。有効期限は15分、30分、45分、60分のいずれかを選択できます。

セッションエラーページ

上記で設定したセッション有効期限が切れた際のエラーページを指定できます

ログインロック

ログインページにて、ログイン情報を一定回数以上連続して間違って入力した場合、一時的にログインできない状態(ログインロック)にすることができます。

連続失敗は3、5、10回、ロック期間は15分、30分、60分を設定することができます

※ログインロックはロック期間の経過または、パスワード再登録で解除可能です

ログアウト先

認証エリアからログアウトした際のページを指定できます

認証エリア内ページ

認証後トップページ

認証後に表示されるページです

認証エリア作成時の表示名と識別名で作成されます

認証エリアに追加したページをトップページ指定することもできます

クリックログイン

認証エリア内にあるページにクリックログインの許可設定をしている場合にクリックログイン機能を使用することができます。
有効期限のある認証パラメータ付きのURLをクリックするだけでログインできる機能です。

IPアドレス制限

ページにアクセス可能なIPアドレスを設定することができます

認証レコード値挿入

認証で使用しているDBフィールドのレコード値を表示できます

会員サイト等で会員の名前やメールアドレスを表示させたいときに使用します

認証エリア用フォームブロック

ログインフォーム

認証エリアにログインするためのフォームブロックです

※ 認証エリア作成時にパスワードを「使用する」と選択した場合、ページとログインフォームブロックが自動で作成されます

詳細はログインフォームブロックをご確認ください。

パスワード再登録

フォーム

パスワード再発行用のパスワード再登録フォームブロックです

※ 認証エリア作成時にパスワードを「使用する」、パスワード再登録を「設定する」と選択した場合、

ページとパスワード再登録フォームブロックが自動で作成されます。詳細はパスワード再登録フォームブロックをご確認ください。

登録フォーム

認証エリア内のページから他のDBへのレコード登録ができるフォームブロックです。

※認証エリア作成時には作成されません。

更新フォーム

ログインしている認証レコードやレコードリストブロック、レコードアイテムブロックで表示したDB内のレコードに対して更新することができるフォームブロックです。

詳細は更新フォームブロックをご確認ください。

※ 認証エリア作成時にページと更新フォームブロックが自動で作成されます。自動生成された更新フォームブロックの更新対象レコードは「認証レコード」となります。

削除フォーム

ログインしている認証レコードやレコードリストブロック、レコードアイテムブロックで表示したDB内のレコードに対して削除することができるフォームブロックです。
詳細は更新フォームブロックをご確認ください。

※ 認証エリア作成時にページと削除フォームブロックが自動で作成されます。自動生成された削除フォームブロックの削除対象レコードは「認証レコード」となります。

レコード照合フォーム

入力するデータの値がDB内のレコード情報と一致するか、レコード情報を照合するフォームブロックです。

レコード情報が一致した場合、メール本文中に有効期限のある認証パラメータ付きのURLが記載されているメールを

送信する会員情報変更依頼や退会手続き依頼ページとして使用します。

詳細はレコード照合フォームブロックをご参照ください。

 

UI(認証エリアの作成)

認証エリア作成

1.サイト管理画面

サイト管理の左メニューから「認証エリア」をクリックします

認証エリアタイトル横の「+」ボタンをクリックします。

2.認証エリアの追加

認証エリア追加モーダルが開きますので、必要事項を記入します。

パスワードを使用する認証エリアを作成する場合、「パスワード再登録」で「設定する」を選択すると、

認証エリア内に「パスワード再登録ブロック」を含むページが自動生成されます。

 

パスワードを使用しない認証エリアを作成する場合、「更新/削除フロー」で「設定する」を選択すると、

認証エリア内に「レコード照合フォームブロック」を含むページが自動生成されます。

 

認証エリア設定

1.認証エリア一覧

認証エリア名をクリックします。

2.認証エリア詳細画面

作成した認証エリア内のページが表示されます。

 

3.認証エリア設定モーダル

タイトル横の「歯車アイコン」をクリックすると認証エリア設定モーダルが開きます。

認証エリア設定モーダルから、認証エリアのセッション有効期限やセッションエラーページ、ログインロックの設定等ができます。

 

認証エリアへのページ追加

+ボタンから作成した認証エリアにページを追加します。

 

ページ追加モーダルが開きます。必要事項を記載の上作成ボタンで認証エリア内にページが追加されます。

クリックログイン

有効期限のある認証パラメータ付きのURLをメール本文に記載、メールアクションや一斉配信のメール送信を行うことで、

URLをクリックするだけで認証エリア内ページにログインできる機能です。
独自ドメインオプションを利用している場合、クリックログインURLの本番環境のサイトドメインの箇所は、独自ドメイン名に自動で差し変わります。

クリックログインの作成

アプリ利用画面、メール配信設定追加のメール本文の作成からクリックログインを作成できます。

「クリックログイン設定」からクリックログインURLの有効期限を設定できます。

クリックログイン設定モーダルです。
有効期限は1~365日の範囲で設定できます。

※フォームのメールアクション(レコード配信)のみ、分単位(15分、30分、60分のいずれか)の指定も可能です。